プレイヤーとしてサッカーユニフォームを選ぶ時のポイント

サッカーのユニフォームを選ぶ際に気をつけたいポイントを紹介します。ユニフォームを選ぶときに気をつけたいポイントは、素材とデザインです。色々な違いはありますが、この2つは特に着心地に影響しますので重視したいポイントです。素材によってはよく伸びるものもありますし、汗をよく吸い取ってくれる素材のものもあります。素材は着心地に直接影響を与えますから、選手のプレーにも影響を与えるほど大切なものです。また、デザインについては、袖のデザインや襟のデザインが異なるということはもちろん、スリムフィットのタイプのものやゆったりとしたフィット感のものまで様々です。サッカーのためのシャツやパンツは、選手のモチベーションに影響を与えるため、その機能性をしっかりと追求することが大切です。

使われている素材に気をつけよう!

ユニフォームの素材には特に気をつけておくことが大切です。例えば、伸縮性のある素材のシャツやパンツは、引っ張られても伸縮性があるためプレーに影響を与えません。しかし、伸縮性のない素材の場合には、相手の選手に引っ張られた場合には捕まってしまいます。伸縮性のある素材はスリムフィットのものと相性が良いです。なぜなら、伸縮性があるので、ゆったりとしたフィット感だと生地がだらしなくなってしまうからです。素材を選ぶことはデザインにも大きな影響を与えるのです。また、夏場にテカテカとした素材を着ていると、汗を吸わないため、着心地が悪くなる場合がありますし、そういった素材の場合には中にインナーウェアを着る必要があるため、チームのイメージに合わせてしっかりと選択することが大切です。

デザインは機能性を重視しよう!

襟付きのウェアがカッコいいからといって単純に考えてはいけません。サッカーは、スポーツですから勝負の世界です。そのため、デザインばかり重視するのではなく機能性の高いウェアを選択する必要があると言えるでしょう。セットインスリーブに代表される袖のデザインはシンプルで破れにくいという特徴があります。他方で、ラグランスリーブに代表される袖のデザインは、ゆったりとしているため、着心地が良いという特徴があります。このように、デザインは着心地にも影響を与えますので、かっこいいからという理由だけでなく、機能性をしっかりと重視してウェアを選ぶことが大切です。機能性あってのデザインですから、スリムフィットのデザインだとどのような機能性があるかなどを考えるようにしてウェアを選ぶことが重要です。