まずはサッカーのユニフォームの特徴など基本的なことから解説

サッカーのユニフォームの特徴について説明します。サッカーのユニフォームとしては、練習用のもの、試合用のものなどが考えられますが、ここでは試合用のものについて説明していきます。試合用のものは試合専用で使われることが多く、ホームとアウェイのウェアを用意しているチームも多くあります。試合用のものはデザインとしてチームカラーを反映させたものが多く、チームの戦略や考え方に応じてカラーを選択するチームが多いです。また、デザインにもこだわりがあり、背番号のフォントや襟の形、袖の形などにも流行があるため、色々な形態のウェアがあります。例えば、昔の試合ではかなり短いパンツスタイルが流行していましたが、現在では膝にかかる程度のパンツの長さが主流となっています。

ウェアのデザインに注目してみよう!

ユニフォームの中でもまず目を引くのが襟のデザインです。これには大きく分けて2つの種類があり、襟があるものとないものに分けることができます。襟のあるデザインのものは、スタイリッシュな印象になります。一方で、襟のないデザインのものはスッキリとした印象となり、丸首タイプのものは柔らかい印象に、Vネックタイプのものはシャープな印象になります。襟だけでなく、袖のデザインも重要です。襟のデザインには、ラグランスリーブとセットインスリーブの2種類があります。ラグランスリーブは、少し腕周りにゆとりがあり、袖が長めなのが特徴です。セットインスリーブは、しっかりと袖が縫い付けられているため丈夫であるという特徴があります。ウェアのデザインによって相手に与える印象が異なるため、チームカラーに合わせてデザインも考えることが大切です。

こだわりのポイントに注目しよう!

どのスポーツでも共通ですが、個性を出すなら、ウェアについたワッペンにこだわることが大切です。ワッペンはチームの顔となる部分です。この部分はプロのチームでもそれぞれ異なりますし、大会で優勝した回数を示す星をワッペンの周りにつけているチームもあります。胸のところにワッペンをつけるのも良いですが、腕の部分に小さいワッペンがついていても非常にカッコいいです。また、背番号のフォントにも注目してください。背番号のフォントを変えるだけでもかなり相手に与える印象が異なります。シャープなフォントにすれば力強く、柔らかいフォントにすれば誠実そうな印象を与えます。どんなデザインを選ぶにせよ、チームカラーと合わなければ意味がないので、自分のチームに合ったこだわりをウェアに反映させることが大切です。

当社は、デザイン作成・お見積りが無料となっております。 東京営業所:03-6712-2217(日曜・祝日を除く) 10:30~19:30となっております。 Fリーグ「湘南ベルマーレ」も愛用するユニフォームを制作しております。 デザインの修正はお客様が満足いくまで対応いたします。 サンプルのデザインもご用意しておりますのでデザインのベースにして頂く事が可能です。 サッカーユニフォームのデザイン数が無限大!